民主党と政策協定を結ぶ

社民党滋賀県連合は、民主党県連と7月の参院選で滋賀選挙区から立候補を予定している

民主現職の徳永久志を加えた3者で政策協定を結んだ。

政策協定は、5項目で、

①憲法改正の発議要件を定めた96条改正する動きを認めない。

 平和憲法の精神を守り、日本が平和国家として世界平和に貢献できるようにする。

②原発再稼働については、急ごうとする流れを食い止めるとともに、2030年代の出来る限り

 早い時期に原発ゼロ社会をめざす。

③普天間基地移設については、固定化を避け、危険性の除去に努めるとともに、県民の負担

 軽減をはかって行く。移設先については、県民の十分な理解と合意を得たものとしていく。

④TPPへの参加については、国民のいのちと暮らしに大きな影響を与えることをふまえ

 対応する。また、アジア諸国との経済連携強化をはかる。

⑤生活必需品の物価上昇や長期金利の乱高下など、アベノミクスの副作用が顕在化している。

 硬直的な2%物価目標の見直しなど柔軟な政策運営を行うべきである。

 生活保護水準切り下げや、労働の極端な規制緩和など、社会的弱者を置き去りにした経済

 成長であってはならない。社会保障制度の財源は消費税に限定せず、法人税や所得税を含む

 あらゆる税目から確保する。

以上の5項目の協定を6月15日に結んだ。
 
社民党滋賀県連は、滋賀選挙区では徳永久志候補の再選を勝ち取り、比例区では2万票獲得

をめざしてがんばる決意である。

m-13-6-18-1jpg.jpg

スポンサーサイト
プロフィール

第4支部連合より幹事福井 勝

Author:第4支部連合より幹事福井 勝
滋賀県連へようこそ

びわ湖の見える大津より発信します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR