消費税増税は、断固撤回せよ!

消費税が4月1日よりスタートした。消費税は、逆進性が強く、低所得者層の負担が大きい。

実態として大企業・大金持ち優遇となっている。

内閣府の発表によると消費税増税分は、国民一人当たりの家計負担は約5万円になるという。

この他、国民年金など社会保険料の引き上げ、年金の減額と重なる。

 消費増税の目的は、社会保障の安定・充実と財政健全化の同時達成と言われていたはずだ。

消費税率の引き上げの増収分は5兆円と見込んだにもかかわらず、社会保障の充実分には0.5

兆円しか充当されていない。

税と社会保障の一体改革とは、消費税増税と社会保障の切り捨て、国民負担増と大企業優遇の

一体改革となってしまっている。

消費税増税は、断固撤回すべきである
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

第4支部連合より幹事福井 勝

Author:第4支部連合より幹事福井 勝
滋賀県連へようこそ

びわ湖の見える大津より発信します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR