福島第一原子力発電所事故をうけた社民党の緊急提案

東京電力は、30日に福島第一原子力発電所の事故について陳謝、同原発の1~4号機について「廃止せざるを

えない」と言明した。

 社民党は、同日政府に対して脱原子力と自然エネルギーへの政策転換を求める緊急提案を申し入れた。

事故の鎮圧にむけ24時間体制で取りんでいる現場の努力に敬意を払いつつ、社民党も事故の一日も早い収束

にむけ政府に対し可能な限りの協力を約束するとしたうえで、いまこそ原子力の安全規制を抜本的に強化し、

原子力依存からの脱却と自然エネルギー推進へと政策転換を行うときであるとして、大きく5点の申し入れ

をした。

                       記

1.福島第一原子力発電所事故の一刻も早い収束に全力を尽くすこと。

2.安全・安心確保のための原子力施設の停止に踏み切ること。

3.福島第一原子力発電所事故の真相究明体制を早急に確保すること。

4.原子力安全規制行政の大胆な改革に着手すること。

5.エネルギー政策の抜本的転換にむけて措置をとること。

                                        以上
福島原発無人機空撮
大破した福島第一原発
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

第4支部連合より幹事福井 勝

Author:第4支部連合より幹事福井 勝
滋賀県連へようこそ

びわ湖の見える大津より発信します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR