改憲論議を進めるより「憲法価値」の実現を図れ

 12月8日は太平洋戦争が勃発した日からちょうど70年を迎える日である。今の臨時国会で、

衆参両院の憲法審査会の委員と会長などの選出が行われた。憲法審査会の運営に関して定める

「規定」は、衆院では2009年6月、参院では今年5月に議決されており(社民党は反対)、これで

憲法審査会が本格的に動き出す態勢が整ったことになる。
 
 しかし、日本社会が今直面している最大の課題は、大震災と福島原発事故の被災者・被害者

の生活再建であることは言うまでもない。憲法が保障する生存権(25条)や幸福追求権(13条)

を具体的に実現することこそが求められている。国会は、憲法改正の議論をしている場合では

ない。社民党は、憲法審査会の動きを監視し、改憲原案づくりを進めることに反対していく。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

第4支部連合より幹事福井 勝

Author:第4支部連合より幹事福井 勝
滋賀県連へようこそ

びわ湖の見える大津より発信します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR