香川県豊島(てしま)の汚染土壌、大津市への持ち込み反対!!

 4月7日、香川県豊島の汚染土壌の一部を大津市の北部に持ち込む問題で和迩川流域の環境調査が行われた。これは、香川県豊島の汚染土壌が和迩川流域の山崎砂利商店(株)に搬入され、早ければ今年5月から同工場内で水洗浄される予定であることから実施された。この調査には、地元住民の呼びかけで「廃棄物対策豊島住民会議」顧問の中地重晴熊本学園大学教授を始め沢田たか子県議や社民党関係者らも参加した。法的にも住民への情報公開が認められているが、当日、Y社は、一行の立ち入りを拒否した。
 この問題は、昨年7月に偶然、一般市民がインターネット上で知ったのがきっかけで公になった。大津市が正式に公表したのが同年の11月。香川県は汚染土壌処理施設がある大津市などと事前協議は全くしていない。豊島から持ち込まれる汚染土壌に含まれる鉛(貧血や神経障害等を起こす)やヒ素(発がん性がある)などの重金属は、水処理では処理できず濁水や汚泥に移り、汚染を広げることが懸念される。和迩川はびわ湖に流れ込み近畿1,400万人の水源にも影響を与えるのである。
この処理をするY社は、入札予定価格の1トンあたり12,000円の約半額の6,045円という超安値で落札。大阪からY社まで約80kmの陸送を含めて1トン当たり3,000円以上はかかり、このような低コストで十分な処理が出来るのか疑問視されている。
Y社は、過去に土砂崩れ、汚泥や濁水の流出事故を頻繁に引き起こしている問題企業である。視察後、中地教授は「他の地域に迷惑をかけることは、豊島住民の意思ではない。香川県はY社との契約を解約したほうがよい」と語った。

豊島(2)

香川県豊島。産廃投棄現場は、白いシート 
でおおわれ、汚染された土砂を重機が採取  
している。左上に中間保管・梱包施設が
見える。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

第4支部連合より幹事福井 勝

Author:第4支部連合より幹事福井 勝
滋賀県連へようこそ

びわ湖の見える大津より発信します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR