マイクロ水力発電実験をプラントを見学して

6月27日、滋賀県のマイクロ水力発電実験プラントを見学させていただいた。場所は大津市の比良山系の比良川

の上流部で、設置したのは地元に住む青木豊明・関西外国大学教授。青木さんは比良山系の比良川に2006年

発電小屋を建て発電を開始した。直径25センチの鉄製の水車を置き、落差35㍍の上流からパイプで比良川に

水を引き、自動車用の中古の発電機を使って高速回転させ、現在60ワット時を発電している。

総経費は約50万円。

 今後、脱原発のため多様な自然エネルギーの活用の選択肢の一つとして、小水力発電が大いに期待される。

m-12-7-6-1jpg.jpg
m-12-7-6-2jpg.jpg
m-12-7-6-4jpg.jpg
m-12-7-6-5jpg.jpg
m-12-7-6-6jpg.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

第4支部連合より幹事福井 勝

Author:第4支部連合より幹事福井 勝
滋賀県連へようこそ

びわ湖の見える大津より発信します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR