沖縄米兵暴行事件、地位協定の改定を米側に提起せよ!

社会新報(10/31主張より)

 今回起こった米兵の集団強姦(ごうかん)致傷事件は、沖縄の基地問題の決定的展開を告げる出来事だった。

沖縄では「空にオスプレイ、夜道に米兵」という恐怖のことばとなっている。

 ここで、日米地位協定の改定問題を改めて浮上させた。09年の政権交代時・社民・民主・国民新の3党

連立政策合意に「沖縄県民の負担軽減の観点から、日米地位協定の改定を提起し、米軍再編や在日米軍基地

のあり方については見直しの方向で臨む」とされていた。

ところが3党案公表後「重要な案件以外、日本側は裁判権を放棄する」との53年日米密約があることが

機密解除された米公文書から判明した。法務省がその存在を裏付ける通達など関連資料の閲覧禁止を

国会図書館に要請、一般非公開になるという事態が発生した。

 協定改定こそ、「密約をきっぱりと清算する」道に他ならない
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

第4支部連合より幹事福井 勝

Author:第4支部連合より幹事福井 勝
滋賀県連へようこそ

びわ湖の見える大津より発信します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR